« 偵察係の猿 | トップページ | 西会津ラーメン 『えちご家』 »

オリオン座流星群

2006年以降、出現数が急増しているオリオン座流星群
19日夜から23日未明にピークを迎える
今年は月明かりがないため条件が良いらしい

 同流星群は、通常は1時間に20個程度の流星しか見られないが、06年からは1時間あたり最大で50個以上と急増。東の夜空に浮かぶオリオン座近くの場所(放射点)を起点に広い範囲に現れ、肉眼で観測できる。

 急増したのは、約3000年前にハレー彗星から放出されたちりが06~10年の間、地球の軌道に接近するため。次に急増するのは70年後で、来年は月明かりがあり、良い条件での観測は事実上、今年がラストチャンスになるという。

(2009年10月19日  読売新聞)

|

« 偵察係の猿 | トップページ | 西会津ラーメン 『えちご家』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 偵察係の猿 | トップページ | 西会津ラーメン 『えちご家』 »