カテゴリー「DTCP-IP & AVCHD by DLNA」の4件の記事

ひたすら変換

引き続き
A600からLANDISKへアンパンマン録画の移動作業
LANDISKからのDLNA視聴には利点がある
レグザでも「レジューム」が効くことだ
今まではレグザチューナーで直接LANDISKに録画してやらないと
レジュームができなかった
レグザ+A600ですらできなかった
(ブラビア+A600でできるのに)
しかも録画で使ったレグザでしか視聴できなかったのが
mpgファイルとなったことで各部屋すべてのクライアントで視聴できる
(最新のレグザは対応済み)

| | コメント (0)

RD-A600からLANDISKへコピー

VARDIA RD-A600に録り溜めたアンパンマンをDLNA配信している
ドラマ録画を考えるとそろそろ600GBも足りなくなってきたから
データを移すことにした

RD-A600はBDに負けたHD-DVDドライブ

HD-DVDもしくはDVDへのバックアップとなるがメディアは使いたくない

入れ替えしないといけないし目的のDLNAができなくなるからだ

(その前にHD-DVDはなくなるし)

最新のVARDIA RD-X9やLAN DISK AVに買い換えれば簡単なんだが

お金かけたくないし 今までの録画が無駄になる

というわけで手持ちの旧式LANDISKへバックアップすることにした

 
1)RD-A600の「おまかせプレイ」で「CMカットプレイリスト」を作成
2)上記リストをRD-A600でCPRM規格DVD-RWにVRコピー
3)フリーソフト「relcprm」で上記DVDをCPRM解除
4)「***.vro」ファイルの拡張子を「***.mpg」にリネーム
5)「***.mpg」をDLNA対応LANDISKへコピー
6)LANDISKからDLNA配信&クライアント側で視聴確認
7)RD-A600元データを削除

 

これで 外付けHDDさえ増設していけば無限に録画をストックでき

全部DLNAで配信できるようになった

| | コメント (0)

ファームアップで完結

これから LANDISKをいろいろ弄くろうと思ってた矢先

Ver.1.11(2009/01/05)ファームアップで

すでにAVCHD対応済みだった

(動画:mp4, mts, m2ts, divx 音楽:m4a 追加)

PS3で確認したら 見れた

やることなくなったな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SATA/IDE⇒USB2.0変換アダプター

その1

DLNAサーバーとしてLANDISKを購入

 

HDL-GS1.0T 

目的は

SONY HDR-8R で撮りためたAVCHDをDLNAさせること

さっそく

LandiskのOSを弄るために分解

最小限にケーブルをはずしてHDDを取り外す

次に

Ubuntu8.04.2 LTS デスクトップ版

(最新の8.10はUSB不具合があるらしい)

http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu8042-ja-desktop-cd

がデュアルブートされたDynabook G7にUSB接続

と 思ったら 肝心なことを忘れてた

最近のHDDはS-ATAということを

持っている変換ケーブルは

 

CRAIU2 裸族の頭・IDE→USB2.0 

だめじゃん

というわけで SATA→USB2.0変換ケーブルを物色

最初は グリーンハウスの GH-USHD-IDESA  にしようと思ったけど

注文したのは これ↓

 

SATA/IDE⇒USB2.0変換アダプター型番:USSA-235 

他種にない決め手は

※ ON/OFFスイッチ付

※ 2.5/3.5SATA HDD 同時認識

※ 安い

2.5/3.5IDE も使用可能だから 裸族がお蔵入りしそうだ

ケーブルが届くまでは 何もできない

このままHDDを裸にしておくのも危険なので

Landiskの中に戻した

というわけで 工程写真は 今回なし

次回 再チャレンジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)